英語留学に向けて準備しておこう

英語留学が決まった方は、時間のある内に色々と準備しておきましょう。出来れば一年ほど前から準備期間を作っておき、出発する半年前までは英語のウォーミングアップをしておくと良いでしょう。そして当日に忘れ物が無いよう、事前に何が必要な物なのか、と言う持ち物を確認しておきましょう。これはチェックシートなどを作成しておくと便利です。特に重要なのがパスポート、ビザ、学生の方は入学許可証です。また長期に渡って留学される場合は海外留学保険の加入をお勧めします。国によっては医療費がとても高額な国もある為、保険に加入しておくと良いでしょう。手荷物についてはできるだけ少なくを基本として考えましょう。海外で購入すると高い物や手に入りくい物から優先的に選ぶのがコツです。旅行とは少し異なる荷物になるので参考書や辞書などもあると便利です。

日本人の為の英語留学に最適なスクールを探そう

日本人は英語が苦手と言われていますが、この大きな問題点は文法構造が他の国とは全く違うという点です。主語(Subject)-動詞(Verb)-目的語(Object)と世界の言語は多くがこの文法を使っていますが、日本語は主語(Subject)-目的語(Object)-動詞(Verb)ですので、覚えるのに時間がかかってしまうのです。英語留学をする時に、語学学校を選ぶ基準として一番重要なことは、そのスクールがどの言語を使う人の為のスクールなのかという点です。イタリア人・フランス人・ドイツ人をメインに考えているスクールに日本人が通っても遅れが出てしまうのは当然です。日本人の為の語学学校を探したり、斡旋してもらう事から始めるのが英語習得の近道と言えます。そこで耳を慣らして実際の生活で使っていくという方法をとりましょう。

英語留学先の選び方は、覚えたい英語の違いで決める

生活をしながら生の英語を修得するというのは日本ではなかなか難しい事ですが、英語を使う生活をしていれば習得は早くなるでしょう。日本語もシチュエーションで同じ言葉でも感じ方が違いますが、英語でも同様です。この時はこの文法を使うけど、このシチュエーションの時にこれを言うと失礼になってしまうというのは現地でなければ感じ取ることが難しいのです。そこで、英語留学を考えられる方が増えているのですが、留学先選びは慎重に考えなくてはいけません。日本人が学校で勉強した英語というのはアメリカ英語で、文法も発音もブリティッシュイングリッシュとは違うものです。ブリティッシュイングリッシュを覚えたいのであれば、イギリスやオーストラリアが最適ですし、アメリカンイングリッシュを習得したいのであればアメリカやカナダが良いでしょう。